【管理人からのお知らせ】7月1日 ホームページをリニューアルしました。ただいま過去の記事も精査処理中です。新たなコンセプトでの最新記事と併せて過去の記事も再度アップしていく予定です。

瀬央ゆりあ「専科のお時間」二人の微妙な距離感がなんとも新鮮でした

専科のお時間 瀬央ゆりあ

司会のりんきら(凛城きら)さんとは、ほぼ、はじめまして、なんですね。

確かにりんきらさんが専科に異動してから、星組公演に出演してないですもんね。

なんだかと~ってもよそよそしい感じで始まった「専科のお時間」、どうなることか思いましたが。

だってあのなおちゃん(瀬央ゆりあ)が抑えめのトーンで、普通に真面目に語り続けてる から。(笑)

前回のまゆぽん(輝月ゆうま)司会で、みなちゃん(水美舞斗)との同期トークが楽しすぎた。

久しぶりに終始、真面目な瀬央ゆりあを見ました

ここのところ、いや、なんなら星組時代からずっとなんだけど、わいわいガヤガヤ賑やかでちょいちょいおふざけが入ってしまうなおちゃん がデフォルトだったから、今回みたいに公に「ちゃんと人見知り」な雰囲気を漂わせているなおちゃんが見られて新鮮。

こんなにじっくり落ち着いて舞台のことについて語るなおちゃん、なんか専科っぽ~いって思っちゃいました。(笑)

先日放送されたさゆみちゃん(紅ゆずる)との「夢の音楽会」では、さゆみちゃん在りし日の星組の空気感満載でノリノリのなおちゃんが愛おしかったんですけど、今回は「おじゃまします。よろしくお願いいたします」って感じでしたね。

根がとっても真面目なのはこれまでもちゃんと伝わっていたし、すぐに照れちゃって、照れ隠しでふざけるっていう空気感も多いように思っていましたが、この番組ではそんな照れ隠しのおふざけもする場面なく。(笑)

なんだかすっごい下級生が上級生にインタビューされてる雰囲気でした。www

Sponsored Link

星組アンケート

前半の舞台を振り返るコーナーで画面の左上に「星組時代」って書いてあったけど、それ見ながら思いました。

「星組時代しか宝塚の出演作品、ないんですけど!!」

ほんとにさ、どうなってるんでしょうね。

これで丸1年、宝塚の舞台に上がってないことになるわけで。

専科への異動が発表されたときには、まさかこんな状況になるとは思っていませんでしたよね。

みなちゃんはミーマイに出て、今度は全ツに出て。

なおちゃんが自身のお茶会で「信じて待っていて」とお話しされたようなので、なにかこれからの展開はあるのでしょうけれど、、、いい加減、なおちゃんを宝塚の舞台に上がらせて!!

で、星組生アンケート。

もっと盛り上がるかと思ったけど、意外と地味に終わっちゃいましたね。(苦笑)

95期から103期の星組生アンケート。

紘希柚葉くんからのエピソードトークは、なおちゃんらしいな~。

『ザ・ジェントル・ライアー』の公演中、いきなり瀬央さんから「扉にかけといたー」というご連絡が。
慌てて扉を開けると、そこには袋に入った一輪のバラが!!!!
ジェントルマンすぎませんか!?
あまりの驚きと喜びで舞い上がって大絶叫した私は、記念写真を撮って、今でもドライフラワーにして大切に大切に保存してあります。

公演中の宿泊ホテルの部屋に一輪のバラが飾ってあって、お部屋にお花があるっていいなと思い、そのお花とお別れの時が来たので、お花をリクエスト(たぶんホテルのフロント?)したんだけど、1本だけ頼むのも何なんでお手伝いしてくれている柚葉くんの分も頼んで渡したんだとか。

直接渡さず、扉にかけとくってのがね、なんともニクイ。

それにしても、タカラジェンヌにとって「お手伝い」の下級生・上級生との関係性って素敵だな、といつも思います。

下級生の立候補制というのもいいですよね。

れいこちゃん(月城かなと)でしたっけ?

Sponsored Link

雪組の下級生時代にちぎちゃん(早霧せいな)のお手伝いをしていたけど、「お手伝いは宝塚生活で一人にしかつけない(決まりがある)から、大好きな気持ちが次の公演まで続いていたら、お手伝いさせてもらおう!」って思い、次の公演でもずーっと追いかけている自分がいたからお手伝いを申し出たと。

下級生から申し出るって結構、勇気がいりそうですけどね。

なおちゃんも、今回の一問一答でも答えていましたが、いまだに憧れの上級生を聞かれると、かつてお手伝いについていた「夢乃聖夏」さんって答えますよね。

ともみん(夢乃聖夏)が雪組へ組替えする時は、さぞかし悲しかったことでしょう。。。

そして。

なおちゃんに聞いてみたいこと。

これもあまりに想定の範囲内で、番組構成としては盛り上がりにかけるな。(笑)

ルンバ追いかけトピックは、もはや語りつくされた感もありますが、りんきらさんには新鮮な驚きだったかしら?

こっちゃん(礼真琴)からの質問も、とってつけたように。www

あれから黒柴ちゃんとの出会いはありましたか?って聞いていましたが、あなた、いちばんその答え知ってるやろ~~~?って突っ込みたくなった。(笑)

そして、ひーろー(ひろ香祐)となこちゃん(舞空瞳)からの、超優等生な質問もね、なんかね。

スカステさん、もうちょっと構成考えて盛り上げてほしかったわ。。。

専科時代の話は・・・

なおちゃん、広島出身で「カキ」のアレルギーって、、、残念。

それはそうと、なおちゃんはイギリスで「ハリポタ聖地巡り」がしたいって言っていましたね。

イギリス大好き人間の私は、イギリスに行きたいと言っているなおちゃんを見ながら、妙に嬉しくてニンマリ♡

ぜひ行ってきて!!

で最後は専科時代のお話になりましたが、、、専科時代の宝塚の舞台話がいっさいないって、やっぱり寂しいな。

かろうじてザ・戦のお話。

リアルな男は立ち方なんて考えてない、それを意識した段階で浮いてしまうから「宝塚の立ち方を一回全部忘れよう」って言われた話をしていましたが、現役生として男役のまま「ほんまもん」の男の中で何が「自然な形」なのかを学べたことは、確かに良い経験でしたね。

ただ、、、

その学んだ「男」を生かす 舞台が用意されていないってのは、どうなのよ!?

と、また思っちゃうよね。(笑)

Sponsored Link

まとめ

最後までどことなくよそよそしくて、見ているこっちが緊張してしまった30分でしたが(笑)、なおちゃんの姿が見られたのは嬉しかったです。

でもやっぱり、なおちゃんにはいつもみたいに弾けてもらいたかったな~。www

それはそうとスカニュや別の番組で久しぶりにじゅんこさん(英真なおき)を見ましたが、なんだかすっかり女性っぽくなられていて驚きました。

そして痩せましたかね、、少しばかり。

特に「マイスターの教え」のじゅんこさんを一目見たとき、雰囲気の変わりようにちょっと驚きました。

昨年、あの宙組公演に出演されていたので、その後もろもろ、専科理事として色々責任を感じておられるのではないかと心配していました。

宙組再開とともにじゅんこさんの出演作品も発表になり、画面にも相次いで登場したので、ちょっと安心。

タカニュでは美咲ちゃんのなんとも可愛らしいきゃぴきゃぴした姿を、いつものあの優しいまなざしで包み込んでいて、、、あーあのじゅんこさんが戻ってきてよかった、と。

また星組にも出演してほしいな。

 

礼真琴 出演作品一覧

宝塚の至宝、礼真琴の舞台を振り返るシリーズ第11回。 今回は、2011年に宝塚バウホールと日本青年館大ホールで公演された、紅ゆずる主演『メイちゃんの執事』です。 この作品が上演されたころは、さゆみちゃ […]

礼真琴 記憶にございません

この記事は 2024年2月10日に投稿した記事の再掲載です   星担の想像の遥か斜め上をぶち込んできたな、宝塚歌劇団。 先日の別箱発表でざわついていた星組界隈でしたが、いったん「ざわつき終了 […]

礼真琴 出演作品一覧

宝塚の至宝、礼真琴のこれまでの舞台を振り返るシリーズ第6弾。 今回は1999年、宙組の 姿月あさと、花總まり、和央ようか、湖月わたる、という宙組創設オリジナルメンバーで初演され、その後2010年に星組 […]

この記事は2023年12月16日に投稿した記事の再掲載です   星組の話題作『RRR × TAKA”R”AZUKA ~√Bheem~』の稽古場情報が流れ、いよいよ!と […]

礼真琴 出演作品一覧

宝塚の至宝、礼真琴の舞台を振り返るシリーズ第15回。 今回は『めぐり会いは再び-My only shinin’ star-』の中日劇場公演を振り返ります。 2011年4月中旬に大劇場公演の幕が開き、東 […]

Sponsored Link