【管理人からのお知らせ】7月1日 ホームページをリニューアルしました。ただいま過去の記事も精査処理中です。新たなコンセプトでの最新記事と併せて過去の記事も再度アップしていく予定です。

礼真琴の舞台を振り返る・出演作品一覧 SINCE 2009

礼真琴 出演作品一覧

宝塚の至宝、星組トップスター礼真琴の宝塚での歩みを振り返るために、これまで出演した作品の一覧表を作成しました。

同期生たちからも当たり前のように「スーパーマン」と言われるこっちゃん。

あらためて、文化祭から現在に至るまでの15年間少々(2024年現在)の軌跡を振り返ってみて思うことは…

礼真琴は異次元の存在!!

いや、今更なんですけどね。(笑)

この先、二度とこんなトップスターが生まれるとは思えず、いまこの時代を共に過ごせているという現実に、心から感謝です。

『モアー・ダンディズム!』までの作品は映像の振り返り、それ以降の作品についてはリアタイ観劇の記録となっております。

各タイトルのリンクからお楽しみください。

 

ブログリニューアルに伴い、2024年7月より記事の整理整頓をしています。古い作品から順に記事の再掲載を進めていきますので、リストのすべてを完成させるまでにはかなり時間がかかると思われます。のんびりとお付き合いください!
目次

星組配属前まで

2009年2月│文化祭

1. 宝塚音楽学校文化祭『そして この時』

スーパータカラジェンヌ・礼真琴の伝説がここから始まりました。こっちゃんだけでなく、トップスター、そしてトップ娘役、さらには2番手スター、専科スターを爆誕させた95期は、宝塚の歴史に確かな記憶と記録を刻み込み、その時代の終わりへと向かっています。文化祭の初々しく楽し気な95期生の姿を見ていると、感慨深いものがありますね。

礼真琴シリーズ

『Never Say Goodbye-ある愛の軌跡-』の初演を思い出しながら真風ヴァージョンの感想を書いていたら、初演時の自分の熱量や、初舞台公演のワクワク感を思い出し、単純な私は早速95期生の初舞台公演『Amour それは…』を引[…]

礼真琴 出演作品一覧

2009年4 – 5月│初舞台

2. 宙組『薔薇に降る雨』『Amour それは…』(宝塚大劇場のみ)

白鳥をイメージした可愛らしい衣装に身を包み、モーツアルトの名曲に乗って4分ものロケットを踊り切った95期生たち。とにかくこっちゃんとれいちゃんは目立っていました。二人はその後、劇団の思惑通りの成長を遂げていきましたが、二人以外にも多くのスターを輩出した95期。結局のところ劇団の思惑を通り越した想定外のスター軍団に成長し、劇団としては嬉しい誤算だったのでは?(笑)

礼真琴シリーズ

宝塚の至宝、礼真琴の舞台を振り返る第2回目です。 前回の文化祭では、「礼真琴」を振り返るというより「95期」を振り返る内容になっていた気がしますが… 今回の初舞台公演では「礼真琴」と「柚香光」を探せ!状態です。 ま、[…]

礼真琴 出演作品一覧

柚希礼音の時代

2009年6 – 9月│研1

 3. 『太王四神記 Ver.II』

(多分ご本人念願の)星組に配属され、星組子として初めての出演作品が、柚希礼音・夢咲ねね のお披露目公演でした。憧れ続けたスターさんの下で、喜びと緊張と試練のタカラジェンヌ生活が始まったわけですね。劇団はどんな意図をもって、ちえちゃん(柚希礼音)に憧れまくっている礼真琴を星組に配置したんでしょうね? 劇団はゆりかちゃん(真風涼帆)にも「柚希礼音になれ!」と言っていたらしいし。(笑)

礼真琴シリーズ

宝塚の至宝、礼真琴のこれまでの舞台を振り返るシリーズ3回目。 ここからが星組に配属されてからの舞台、いよいよ本編です。 こっちゃんが星組に配属されて最初に出演した作品は、こっちゃんが憧れ、尊敬してやまない、当時の[…]

礼真琴 出演作品一覧

2010年1 – 3月│研1

4. 『ハプスブルクの宝剣』

研1のまんまるこっちゃんが、様々な場面で活躍していたこの公演。もう一度言いますが、ほんとーにまるい。(笑)路線に乗ったタカラジェンヌさんたちは、2番手になってその先が確実に見えてきたころに誰もが急激にガリガリになっていくイメージがありますが、こうした若さ弾ける新人時代をたまに見返すと、スターの階段を上ることで「いろいろ背負う」ことの責任と重圧をあらためて感じずにはいられません。
★新人公演:侍従長ヨハン(本役:夏樹れい)、急使(本役:漣レイラ)、サムソン(本役:麻央侑希)

礼真琴シリーズ

宝塚の至宝、礼真琴のこれまでの舞台を振り返るシリーズ。 4回目の今回は、配属から2作目の2010年星組公演『ハプスブルクの宝剣 -魂に宿る光-』をお届けします。 この作品は藤本ひとみさんの同名歴史小説が原作で、ス[…]

礼真琴 出演作品一覧

5. 『BOLERO』

研1とはいえ礼真琴が実力派・期待の新人だったことを垣間見る、ちょいちょい少人数口のメンバーに抜擢されていたこの公演。さらりとやってのけているようでも、こっちゃん自身はきっと必死に背伸びして頑張っていたんでしょうね。振り返ってみればこっちゃん、この後の宝塚人生もずっと抜擢、抜擢、「あなたならできる!」という周囲からの大きな期待を背負いながら、走り続けてきたのよね。しみじみ。

礼真琴シリーズ

宝塚の至宝、礼真琴のこれまでの舞台を振り返るシリーズ5回目は、星組配属から2作目のショー作品『BOLERO-ある愛-』をお届けします。 スペイン舞曲であるボレロの音楽が使われていますが、この作品は、ボレロの持つ甘さ、神[…]

礼真琴 出演作品一覧

 2010年4 – 5月(全国ツアー)│研2

6. 『激情』

兵士として色々な場面に登場していたこっちゃん。でもなんだかこの公演でのこっちゃんのダンスには「キレ」がなく、どうしたんだろう?研2になったばかりで最下級生として参加した初の全国ツアーでしたが、同期生がこっちゃんを入れて4人(礼真琴、ひろ香祐、紫りら、妃海風)も参加していました。きっと最下長のこっちゃんも心強かったでしょうね。その後もこっちゃんの「全ツ参加率」が以外と高い。

礼真琴シリーズ

宝塚の至宝、礼真琴のこれまでの舞台を振り返るシリーズ第6弾。 今回は1999年、宙組の 姿月あさと、花總まり、和央ようか、湖月わたる、という宙組創設オリジナルメンバーで初演され、その後2010年に星組全国ツアーとして再[…]

礼真琴 出演作品一覧

7. 『BOLERO』

下級生たちの活躍の場が広がるのは全国ツアーならではの醍醐味。こっちゃんの出番も研1さんで出演していた本公演の時よりも、随分と多くなり、見ていても楽しいです。そして今となっては貴重な「だるま」姿も目立つ演出で拝むことができます。(笑)最下級生としての参加だったこの公演ですが、全体の印象としては、こっちゃん、かなり優遇されていたな~と思うショーでした。

礼真琴シリーズ

宝塚の至宝、礼真琴のこれまでの舞台を振り返るシリーズ第7回。 今回は全国ツアー『激情-ホセとカルメン-』と一緒に上演された『BOLERO-ある愛- 』でのこっちゃん(礼真琴)を振り返ってみようと思います。 全国ツアーは出[…]

礼真琴 出演作品一覧

 2010年7 – 8月(梅田芸術劇場・博多座)│研2

8. 『ロミオとジュリエット』

キャスティングをしてくれた小池先生に感謝。こちゃんが演じた「愛」は、しなやかで美しいダンスとなんとも愛らしい表情で初演の「愛」を強烈に印象付けました。このときに「死」を演じたゆりかちゃん(真風涼帆)とも相性が良く、下級生ながら二人の「愛と死」は、この作品の世界観を作り上げることに大きく貢献していたと思います。何度見返しても飽きることがない、私の大のお気に入り作品です。
★ 配役:愛

礼真琴シリーズ

宝塚の至宝、礼真琴の舞台を振り返るシリーズ第8回。 今回は、2010年の夏に梅田芸術劇場&博多座で上演された、礼真琴の出世作!「ロミオとジュリエット」です。 男役としての礼真琴の成長を見るのは、まだまだ先のことに[…]

礼真琴 出演作品一覧

 2010年10 – 12月│研2

9. 『宝塚花の踊り絵巻』

こっちゃんにとっては「初」の日本物。星組は柚希礼音の時代はそもそも日本物が少なかったので、下級生時代の貴重な経験でしたね。とはいえ下級生時代の日本物を振り返るってのは至難の業です。上級生でもみんな同じ顔に見えるのに、その他大勢の下級生でしかも研2。こっちゃんを見つけ出すのは絶望的でした。(笑)見つけられたのはわずかな場面だけで

礼真琴シリーズ

宝塚の至宝、礼真琴の舞台を振り返るシリーズ第9回。 今回は、『愛と青春の旅立ち』と一緒に上演された和ものショー『宝塚 花の踊り絵巻-秋の踊り-』です。 まず前提として。 このショーはみんな白塗りなので、「そ[…]

礼真琴 出演作品一覧

10. 『愛と青春の旅だち』

この作品はDVDは発売されているのですが、版権の関係で(私の記憶が正しければ)スカイステージなどでも放送は一切されていないと思います。なので販売終了してしまっているDVDは貴重品ですね。私も大切にしまい込んであります。(笑)まだこっちゃんは目立つ役は付いておらず、出番も多くありませんが、この作品のこっちゃんの見どころは、何と言ってもフィナーレの白い軍服姿でしょうか。眼福です♡
★新人公演:ウォルター(本役:如月蓮)『愛と青春の旅だち』

礼真琴シリーズ

宝塚の至宝、礼真琴の舞台を振り返るシリーズ第8回。 今回は2010年に公演された、こっちゃん(礼真琴)研2のときの出演作品『愛と青春の旅立ち』を振り返ってみたいと思います。 この作品の原作は、1982年に公開されたリチャ[…]

礼真琴 出演作品一覧

 2011年1 – 2月(バウホール・日本青年館)│研2

11. 『メイちゃんの執事』

少女マンガの連載からテレビドラマになり、さらに舞台化されたこの作品。タカラジェンヌたちの個性あふれる執事っぷりが楽しいミュージカルでしたね。こっちゃんは徐々にポジションが上がり始め、横一線のその他大勢ではあっても、ちょっとだけ他より見せ場を与えてもらっている印象を受けた作品です。同期生のふうちゃん(妃海風)は、既にかなり目立つ役で「ぶっとびぶり」を披露していましたが。(笑)
★ 配役:大門

礼真琴シリーズ

宝塚の至宝、礼真琴の舞台を振り返るシリーズ第11回。 今回は、2011年に宝塚バウホールと日本青年館大ホールで公演された、紅ゆずる主演『メイちゃんの執事』です。 この作品が上演されたころは、さゆみちゃん(紅ゆずる[…]

礼真琴 出演作品一覧

 2011年4 – 7月│研3

12. 『ノバ・ボサ・ノバ』

ノバボサといえば、こっちゃんのビーナス!ですよね。ちょっと露出し過ぎじゃないですかぁ~と心配になるくらい(笑)、惜しげもなく健康的な美ボディを披露していましたね。凡人にはミラクルとしか言いようのない前後に開く(逞しい)180度の脚。若き日のピッチピチ・キレッキレのこっちゃんビーナスは眼福でございます。これはちょいと中毒性がありまして、時々見たくなるんです。(笑)
★配役:ビーナス 『ノバ・ボサ・ノバ』
★新人公演:ルーア神父(本役:涼紫央)『ノバ・ボサ・ノバ』

礼真琴シリーズ

宝塚の至宝、礼真琴の舞台を振り返るシリーズ第12回。 今回は『ノバ・ボサ・ノバ ー盗まれたカルナバルー』を振り返ります。 この作品は何度も繰り返し再演されてきた名作といわれるショーで、とにかく見どころが盛りだくさ[…]

礼真琴 出演作品一覧

13. 『めぐり会いは再び』

この作品はのちにシリーズ化され、こっちゃん主演でも上演されましたが、この作品が物語の始まりでした。この時はまさか第3シリーズまで引っ張るような作品には思えませんでしたが、結果的にはこの初演や第2シリーズの登場人物がそのまま第3シリーズにも登場して意外と盛り上がりましたね。この初演でのこっちゃんはまだ役が付いておらず、その他大勢「村人」だったので、その姿を探すのはちょっと大変。

礼真琴シリーズ

宝塚の至宝、礼真琴の舞台を振り返るシリーズ第13回。 いよいよ礼真琴の宝塚人生、研3に突入です。 今回はのちの「めぐり会い」シリーズの初作となった、『めぐり会いは再び-My only shinin’ star-』[…]

礼真琴 出演作品一覧

 2011年8 – 9月(博多座・中日劇場)│研3

14. 『ノバ・ボサ・ノバ』

ノバボサといえば、ビーナス。大劇場公演でも大胆ビキニのお衣装でキレッキレのダンスを披露し、その美ボディも相まって客席を魅了してくれた若き日のこっちゃんでしたが、この別箱再演でも、さらに磨きがかかっていい感じです。そして少しばかり出番も増えて、下級生ながらにこの舞台を支える一人として頑張っていましたね。そしてこの別箱では、美弥るりか休演による代役公演も経験しています。
★ 配役:ビーナス
★代役公演:ボールソ(本役:壱城あずさ)
※8/20〜23のみ美弥るりか休演により代役公演

礼真琴シリーズ

宝塚の至宝、礼真琴の舞台を振り返るシリーズ第14回。 まだこっちゃん(礼真琴)研3か。 長い道のりですねぇ…。 さて今回は、中日劇場公演『ノバ・ボサ・ノバ』を振り返ります。 大劇場&東京公演でも、研3ながらに歌にダン[…]

礼真琴 出演作品一覧

15. 『めぐり会いは再び』

大劇場では名もなき村人だったこっちゃんですが、この公演では本公演で如月蓮くんが演じていた「シリウス」という旅芸人一座のひとりを演じました。とはいえ、出番やセリフもほぼ本公演のときと印象変わらず控えめ。しかもフィナーレでは男役群舞から外れてまさかのロケット隊長に任命!(苦笑)初舞台仕様のロケットを「お星さまガールズ」として踊るこっちゃん、それはそれで可愛かったけれども…。
★配役:シリウス『めぐり会いは再び』

礼真琴シリーズ

宝塚の至宝、礼真琴の舞台を振り返るシリーズ第15回。 今回は『めぐり会いは再び-My only shinin’ star-』の中日劇場公演を振り返ります。 2011年4月中旬に大劇場公演の幕が開き、東京、博多座、[…]

礼真琴 出演作品一覧

 2011年9月│研3

16. 涼紫央ディナーショー『0〜LOVE〜』

こっちゃんが初めて出演したディナーショーです。とよこちゃん(涼紫央)以外の出演者も下級生の男役4人(鶴美舞夕、美弥るりか、十碧れいや、礼真琴)という男くさい、そしてコンセプトもとよこちゃんらしい、ちょっと個性的なディナーショーでしたね。再下級生のピヨピヨなこっちゃんでしたが、とっても楽しそうでした。そして「海賊になりたい!」をちゃんとアピールしております。(笑)

礼真琴シリーズ

宝塚の至宝、礼真琴の舞台を振り返るシリーズ第16回。 今回は、2011年9月に行われた涼紫央ディナーショー『0〜LOVE〜』を振り返ってみたいと思います。 こっちゃん(礼真琴)研3の時の、ディナーショー初出演です。 でも手元の映像はめ[…]

礼真琴 出演作品一覧

 2011年11 – 2012年2月│研3

17. 『オーシャンズ11』

配役:マイク
新人公演:ライナス・コールドウェル(本役:真風涼帆)


 2011年12月│研3

18. タカラヅカスペシャル2011『明日に架ける夢』(コーラス)


 2012年3 – 4月(ドラマシティ・日本青年館)│研3ー4

19. 柚希礼音スペシャル・ライブ『REON!!』


 2012年5 – 8月│研4

20. 『ダンサ セレナータ』

配役:ミゲル
新人公演:アンジェロ(本役:十輝いりす)


21. 『Celebrity』


 2012年9月(全国ツアー)│研4

22. 『琥珀色の雨にぬれて』

配役:ローラン


23. 『Celebrity』


 2012年11 – 2013年2月│研4

24.『宝塚ジャポニズム〜序破急〜』


25. 『めぐり会いは再び 2nd〜Star Bride〜』

配役:ルーチェ
新人公演:フォーマルハウト(本役:美稀千種)


26. 『Étoile de TAKARAZUKA』

新人公演:エトワールオム(歌手)、ヴァルゴオムA(本役:十輝いりす)/ アルデバラン(本役:真風涼帆)/ スコルピオ、ロワ・ド・エトワール(本役:柚希礼音)


Sponsored Link

2013年3 – 4月(中日劇場・台北国家戯劇院)│研4-5 

27. 『宝塚ジャポニズム〜序破急〜』


28. 『怪盗楚留香外伝-花盗人-』

配役:石繍雲


29. 『Étoile de TAKARAZUKA』


 2013年5 – 8月│研5

30. 『ロミオとジュリエット』愛 vr.

配役: 愛(鶴美舞夕と役替わり)


31. 『ロミオとジュリエット』ベンヴォーリオ vr.

配役: ベンヴォーリオ(紅ゆずると役替わり)


32. 新人公演『ロミオとジュリエット』

新人公演:ロミオ(本役:柚希礼音) ※新人公演初主演


 2013年9 – 10月(東京国際フォーラム・博多座)│研5

33. 柚希礼音スペシャル・ライブ『REON!!II』


2014年1月-3月│研5

34. 『眠らない男・ナポレオン-愛と栄光の涯に-』

配役:ウジェーヌ
新人公演:ナポレオン・ボナパルト(本役:柚希礼音) ※新人公主演


 2014年5 – 6月(バウホール)│研6

35. 『かもめ』

配役:コンスタンチン・ガブリーロヴィチ・トレープレフ(コースチャ)※バウ初主演


 2014年7 – 10月│研6

36. 『The Lost Glory -美しき幻影-』

配役:パット・ボローニャ


37. 『パッショネイト宝塚!』


38. 新人公演『The Lost Glory -美しき幻影-』

新人公演:イヴァーノ・リッチ(本役:柚希礼音)
※本公演の主演は轟悠(新人公演:麻央侑希)


Sponsored Link

 2014年10月(外部出演)│研6

『演劇人祭 特別篇』


 2014年11 – 12月(全国ツアー)│研6

39. 『風と共に去りぬ』

配役:スカーレット ※全国ツアーヒロイン(主演は紅ゆずる)


 2014年12月│研6

40. タカラヅカスペシャル2014『Thank you for 100 years』

※タカスペ初出演


 2015年2 – 5月│研6-7

41. 『黒豹の如く』

配役:マルセリーノ・フェデリコ
新人公演:アントニオ・デ・オダリス伯爵(本役:柚希礼音)※新人公演主演


42. 『Dear DIAMOND!!』


 2015年3月│研6

43. 夢咲ねねミュージック・サロン『N-style』


Sponsored Link

北翔海莉の時代

 2015年6 – 7月(全国ツアー)│研7

44. 『大海賊』

配役:キッド


45. 『Amour それは…』


 2015年8 – 11月│研7

46. 『ガイズ&ドールズ』

配役:アデレイド(女役)
新人公演:運転手(本役:天希ほまれ)※主演は同期の瀬央ゆりあ


 2015年12月│研7

47. タカラヅカスペシャル2015『New Century,Next Dream』


 2016年1月(バウホール)│研7

48. 『鈴蘭(ル・ミュゲ)-思い出の淵から見えるものは-』

配役:リュシアン


 2016年3 – 6月│研7-8

49. 『こうもり』

配役:アルフレード/開幕の紳士『こうもり』


50. 『THE ENTERTAINER!』


 2016年7月(バウホール)│研8

51. 『One Voice』


 2016年8 – 11月│研8

52. 『桜華に舞え』

配役:八木永輝


53. 『ロマンス!! (Romance)』


 2016年10月│研8

54. 妃海風ミュージック・サロン『Princesa!!』


 2016年12月│研8

55. タカラヅカスペシャル2016『Music Succession to Next』


 2017年1月(東京国際フォーラム)│研8

56. 『オーム・シャンティ・オーム-恋する輪廻-』

配役:ムケーシュ


Sponsored Link

 

紅ゆずるの時代(2番手)

 2017年3 – 6月│研8-9

57. 『THE SCARLET PIMPERNEL』

配役:ショーヴラン ※紅ゆずるのトップ就任に伴い2番手昇格

 2017年7 – 8月(ドラマシティ・日本青年館)│研9

58. 『阿弖流為-ATERUI-』

配役:阿弖流為 ※東上初主演


 2017年9 – 12月│研9

59. 『ベルリン、わが愛』

配役:エーリッヒ・ケストナー


60. 『Bouquet de TAKARAZUKA』


 2017年10月│研9

第54回『宝塚舞踊会』


 2018年2月│研9

61. 礼真琴ディナーショー『MOMENT』


 2018年4 – 7月│研10

62. 『ANOTHER WORLD』

配役:徳三郎


63. 『Killer Rouge』


 2018年8 – 11月(梅田芸術劇場・日本青年館・國家戯劇院・高雄市文化中心至徳堂)│研10

64. 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』

配役:捲殘雲(ケンサンウン)


65. 『Killer Rouge/星秀☆煌紅』


Sponsored Link

 2018年12月│研10

66. タカラヅカスペシャル2018『Say! Hey! Show Up!!』


 2019年1 – 3月│研10

67. 『霧深きエルベのほとり』

配役:フロリアン・ザイデル


68. 『ESTRELLAS〜星たち〜』


 2019年5月(全国ツアー)│研11

69. 『アルジェの男』

配役:ジュリアン・クレール ※全国ツアー初主演(相手役は音波みのり)


70.『ESTRELLAS〜星たち〜』


 2019年7 – 10月│研11

71. 『GOD OF STARS -食聖-』

配役:リー・ロンロン / 孫悟空


72. 『Éclair Brillant』


 2019年10月│研11

第55回『宝塚舞踊会〜祝舞御代煌)〜』


Sponsored Link

礼真琴・トップスター時代

 2019年11 – 12月(梅田芸術劇場・東京建物 Brillia HALL)│研11

73. 『ロックオペラ モーツァルト』

配役:ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト ※トップ初公演


 2019年12月│研11

74. タカラヅカスペシャル2019『Beautiful Harmony』


 2020年2 – 3月、7 – 9月│研11-12

75. 『眩耀の谷〜舞い降りた新星〜』

配役:丹礼真 ※大劇場トップお披露目公演
※コロナによる公演中止で東京公演公演延期


76. 『Ray-星の光線-』


 2020年11月(梅田芸術劇場)│研12

77. 『エル・アルコン-鷹-』

配役:ティリアン・パーシモン


78. 『Ray-星の光線-』


 2021年2 – 5月│研12-13

79. 『ロミオとジュリエット』

配役:ロミオ


 2021年7月(舞浜アンフィシアター)│研13

80. 『VERDAD!!』


 2021年9 – 12月│研13

81. 『柳生忍法帖』

配役:柳生十兵衛


82. 『モアー・ダンディズム!』


 2022年2月(御園座)│研13

83. 『王家に捧ぐ歌』

これまで何度も再演されてきた作品ですが、この礼真琴ヴァージョンはフレンチロック風。衣装やヘアスタイルも斬新で、ポスターが発表されたときには賛否両論でしたが、私はこの礼真琴ヴァージョンが大好きです。そして言わずもがな、こっちゃんの歌唱力、表現力が存分に発揮されていて、何度も鳥肌が立ちました!!チケットが入手できず生で観劇できなかったのがなんとも心残りです。
★配役:ラダメス

礼真琴シリーズ

この記事は2022年5月15日に掲載した記事の再掲載です 星組、御園座公演『王家に捧ぐ歌-オペラ「アイーダ」より-』をようやく観ることができました。 この公演はそもそもチケットがま~ったく取れなかったので、早々に[…]

礼真琴 出演作品一覧

 2022年4 – 7月│研14

84. 『めぐり会いは再び next generation-真夜中の依頼人-』『Gran Cantante!!』

2011年に柚希礼音&夢咲ねねコンビで初演されたシリーズの3作目。初演では「村人」だったこっちゃんが、シーズの2作目でねねちゃんの弟ルーチェくんとして登場。今回はそのルーチェくんとガールフレンドが主役の物語です。初演からの通し役うを演じたミッキー(天寿光希)、はるこちゃん(音波みのり)がこの作品で卒業。役と現実がオーバーラップするような温かな演出もあり印象的でした。
★配役:ルーチェ・ド・オルゴン

礼真琴シリーズ

この記事は2022年6月19日に掲載した記事の再掲載です 大劇場千秋楽を配信で観劇してから、感想を書きたいと思いながらもなかなか時間が取れず、そうこうしている間に東京公演が始まりましたね。 今回はチケットが取れず[…]

礼真琴 出演作品一覧
礼真琴シリーズ

この記事は2022年7月25日に掲載した記事の再掲載です 新型コロナ感染症が猛威を振るう中、無事に東京公演を完走した星組の皆さま、千秋楽おめでとうございます! そして今回ご卒業された皆さま、おめでとうございます! […]

礼真琴 出演作品一覧

 2022年9月(全国ツアー)│研14

85. 『モンテ・クリスト伯』『Gran Cantante!!』

配役:エドモン・ダンテス


 2022年11月 – 2023年2月│研14

86. 『ディミトリ~曙光に散る、紫の花~』『JAGUAR BEAT』

こっちゃんの主演作の中で、私のお気に入りBest3 に入るこの作品。ディミトリとルスダンの深い深い愛の形に何度見ても涙、涙、、、。特に好きだったのは何と言ってもラストシーン。ディミトリの命を懸けた深い愛、そしてディミトリ亡き後、女王として自分の人生を強く生き抜く決意をするルスダンの勇気、この作に掲げられた「勇気とは、何か」というテーマを深く考えさせられた作品でした。
★ 配役:ディミトリ―

礼真琴シリーズ

この記事は2022年12月14日に掲載した記事の再掲載です 星組のみなさま、大劇場公演の完走!千秋楽おめでとうございます。 あたり前に公演の幕が開き、あたり前にスケジュール通りの公演を重ね、あたり前に千秋楽の日を迎えることの難しさ。 […]

礼真琴 出演作品一覧
礼真琴シリーズ

この記事は2022年12月14日に掲載した記事の再掲載です 原作の感動を遥かに超えた名作『ディミトリ』の余韻に浸りつつ、インターバルには来たるべき「激しい」ジャガーさんへ向けて精神統一をしていました。(笑) 噂通りの激しさと、ノンストッ[…]

礼真琴 出演作品一覧
礼真琴シリーズ

この記事は2023年2月12日に掲載した記事の再掲載です 星組の皆さま、東京公演千秋楽おめでとうございます! 開幕早々に公演がストップするという苦難はありましたが、無事に千秋楽を迎えることができ、本当に良かったです。 いよいよ新型コロ[…]


 2023年3月 – 4月(ドラマシティ・日本青年館)│研14-15

87. 『Le Rouge et le Noir~赤と黒~』

スタンダールの名作「赤と黒」のフレンチロック版。宝塚では柴田先生のクラシックな「赤と黒」がお馴染みですが、このフレンチ版はとってもロックで、斬新な演出で楽しませてくれます。こっちゃんのダンスはあまり見ることができませんが、これでもかというくらいに歌声を堪能できる作品でしたね。こっちゃん以外にも「歌うまキャスト」が勢揃いだったのも、作品の質を底上げしていました。
★配役:ジュリアン・ソレル

礼真琴シリーズ

この記事は2023年3月27日に掲載した記事の再掲載です きょうは忙しい。 待ちに待った『Le Rouge et le Noir~赤と黒~』のライブ配信! そして全国ツアーもきょうが初日&『NOW ON STAGE』の放送という、星組[…]

礼真琴 出演作品一覧

Sponsored Link

2023年6月 – 8月│研15

88. 『1789-バスティーユの恋人たち-』

こっちゃん念願のロナン役でしたが、体調すぐれない中、いろいろな意味で大変印象深い公演となりました。東京公演ではこっちゃんの休演、代役公演の実施、星組が一丸となって乗り越えた一大事。こっちゃん復活の際にはなおちゃん(瀬央ゆりあ)はじめ組子たちが涙・涙で迎えたとの観劇報告を読みながらひとりで感動していましたね。この作品はのちに Dolby Cinema として全国で上映もされました。
★配役:ロナン・マズリエ

礼真琴シリーズ

この記事は2023年6月25日に掲載した記事の再掲載です きのうは忙しい1日でした。 朝7時ごろの新幹線で東京を出発。 まずは11時から、大劇場で星組公演『1789-バスティーユの恋人たち-』を観劇。 その後映画館に場所を移し、16[…]

礼真琴 出演作品一覧
礼真琴シリーズ

この記事は2023年7月3日に掲載した記事の再掲載です 星組の皆さま、大劇場公演千秋楽おめでとうございます! いろいろあったスタートでしたが、無事に千秋楽を迎えることができて本当によかったです。 今公演、ありがたいことに2度目の観劇で[…]

礼真琴 出演作品一覧
礼真琴シリーズ

この記事は2023年8月11日に掲載した記事の再掲載です 大劇場の千秋楽以来、3度目の『1789~バスティーユの恋人たち』を東宝で観劇してきました。 東京公演はこの1回キリの観劇なので、これがマイ・楽。 前方席のドセンター席での観劇 […]

礼真琴 出演作品一覧
礼真琴シリーズ

この記事は2023年8月27日に掲載した記事の再掲載です まずは、星組の皆さま。 『1789~バスティーユの恋人たち~』の千秋楽、おめでとうございます!! 決して「無事に」とは言いませんが、「千秋楽」というこの日を迎えられたことにファ[…]

礼真琴 出演作品一覧

2024年1月~4月│研15-16

89. 『RRR × TAKA”R”AZUKA ~√Bheem~』『VIOLETOPIA』

膝をフリフリ激しく踊るナートゥダンスが世界中で大ブームになった、話題のインド映画『RRR』を舞台化したこの作品。最初はあの壮大なスケールの映像を「どうやって舞台に?」と思いましたが、原作を踏襲しながらも宝塚らしい演出も加わり、そして何よりも星組の誇るスーパーマン礼真琴が、見事な表現力で歌にダンスにお芝居に魅せてくれました。礼真琴の代表作がどんどん増えていく…。
★配役:ビーム

礼真琴シリーズ

この記事は2024年2月4日に投稿した記事の再掲載です 前回の『1789-バスティーユの恋人たち』では、奇跡的に3公演も劇場で観ることができましたが、今回はムラも東京も撃沈。 配信に頼るしかない状況になっているので、観られるチャンスは2[…]

礼真琴シリーズ

この記事は2024年1月7日に掲載した記事の再掲載です 星組公演フィナーレ生中継! スカステさん、ありがとう!! 全編を観られるライブ配信はまだ1か月先なので、ショーのフィナーレだけでも観られて嬉しかったです♡ 4か月ぶりのこっちゃ[…]


2024年5月〜6月(東急シアターオーブ)│研16

90. 『BIG FISH』

配役:エドワード・ブルーム


2024年8月~12月│研16

91. 『記憶にございません!-トップ・シークレット-』『Tiara Azul -Destino-』

 


宝塚歌劇団公式HP

Sponsored Link

まとめ

このシリーズを書き始めたときは、コロナ禍真っ只中でした。

まだまだこっちゃんの卒業なんてイメージできない中で、こっちゃんの卒業までに全部振り返ることができればオッケ~くらいの気持ちでボチボチ進めていくつもりでスタートしたわけですが…

ふたを開けてみれば、こっちゃんのあまりにも懐かしい、可愛らしい下級生時代を追い求めて、結局のところ超絶ハイスピードで観てしまったという、、、ね。(笑)

結果、10数年分の過去作品を、1年経たずに完走できました。

引き続き、こっちゃんの卒業公演までは更新を続けていきますので、興味のある方は、ボチボチと懐かしい時代をのぞき見しながら、新しい投稿も含めどうぞお楽しみください。

 

この記事は2023年2月12日に掲載した記事の再掲載です 星組の皆さま、東京公演千秋楽おめでとうございます! 開幕早々に公演がストップするという苦難はありましたが、無事に千秋楽を迎えることができ、本当 […]

この記事は2024年1月7日に掲載した記事の再掲載です 星組公演フィナーレ生中継! スカステさん、ありがとう!! 全編を観られるライブ配信はまだ1か月先なので、ショーのフィナーレだけでも観られて嬉しか […]

礼真琴 出演作品一覧

『Never Say Goodbye-ある愛の軌跡-』の初演を思い出しながら真風ヴァージョンの感想を書いていたら、初演時の自分の熱量や、初舞台公演のワクワク感を思い出し、単純な私は早速95期生の初舞台 […]

礼真琴 出演作品一覧

宝塚の至宝、礼真琴のこれまでの舞台を振り返るシリーズ第6弾。 今回は1999年、宙組の 姿月あさと、花總まり、和央ようか、湖月わたる、という宙組創設オリジナルメンバーで初演され、その後2010年に星組 […]

礼真琴 出演作品一覧

この記事は2022年12月14日に掲載した記事の再掲載です 星組のみなさま、大劇場公演の完走!千秋楽おめでとうございます。 あたり前に公演の幕が開き、あたり前にスケジュール通りの公演を重ね、あたり前に […]

Sponsored Link