PR

『宝塚グラフ』不適切記事掲載で宝塚クリエイティブアーツが謝罪の意向

Sponsored Link

先日の記者会見で公にされていた『宝塚グラフ』2023年11月号に掲載の宙組じゅりちゃん(天彩峰里)についての不適切記事について、出版元である宝塚クリエイティブアーツが遺族側へ謝罪の意向であるというニュースが目に留まりました。

それを報じていたのは、文春でもなく、その他の週刊誌でもなく、弁護士ドットコムニュース。

いろいろなところでこの問題が広がりを見せていることがうかがえます。

弁護士ドットコムニュースより

記事によれば、2月28日に弁護士ドットコムニュースの取材に対し、宝塚クリエイティブアーツが遺族側に謝罪する意向を示したとのこと。

もちろん、そもそもが、この2023年11月号の発行に際して本人のコメントを取る段階、そして記事にする段階において、内容が「不適切である」ことに本人含め、編集部も誰も気づいていない、違和感や疑問を感じるスタッフがいなかったということ自体が問題であはあります。

Sponsored Link

しかも、発行されてファンの間でも大きな話題になっていたし、その声が劇団へまったく届いていないはずはないと思いますが、以降も自発的なアクションは何もなし。

これだけ大きな問題になっているにもかかわらず、今回、遺族側から「遺族の心情を傷つけるものだった」と批判されてはじめて動くという、コンプライアンスのかけらも感じない状況。

つまりは、おはなしにならない。

ただ「謝罪の意向」を即座に示したことには、心底よかったな、と思います。

謝罪ですべてを帳消しにはできるはずもありませんが、まずは、真摯にこの大失態を反省し、ご遺族の心情に本気で向き合い、「これから」どうあるべきか、を考えていただきたい。

謝罪については代理人を通じて協議するとの回答だったようです。

3月初旬の次回話し合いで、この件については誠意ある謝罪が行われることを切に願います。

弁護士ドットコムニュースの記事は こちら

最近、宝塚関連ニュースばかり見ているから、やたらめったら「おすすめ記事」が提示されます。(苦笑)

公演関連の明るい話題だばかりになるのはいつのことか、、、。

Sponsored Link

 

宝塚音楽学校の成績とスターの切符の関係性・70期~成績上位者リスト有
【宝塚】2024年トップ&各組スター人事を考えてみたらこうなった
95期・夢のトーク実現!「神7」あらため「神8」スカステありがとう
95期のスターたちが宝塚を去った後の5組体制を考えてみたらこうなった
【宝塚音楽学校】すみれ募金「美人」と噂の御子柴凜々子さんは子役出身
【星組】礼真琴の舞台を振り返るシリーズ① 第95期 音楽学校文化祭
宝塚へ!今井柚希さん ミス・ワールド・ジャパン大阪 ファイナリスト
【花組】柚香光『BE SHINING!!』15年前から輝きを放っていた人
110期生☆トップ娘役候補!?「田良結芽」さんの子役時代も超可愛い♡
【星組】暁千星『夜明けの光芒』配役予想とオススメの『ディケンジアン』
【星組】礼真琴の舞台を振り返る・出演作品一覧 SINCE 2009
礼真琴の舞台を振り返るにあたり、これまでの出演作品の一覧表を作成しました。 手元になくて振り返ることができなかった作品もわずかにありますが、ほぼすべての公演を振り返っています。 礼真琴の舞台を振り返るシリーズは、第81回『モアー・ダンディズ...
【おすすめギフト】チーズとエビせんの和風マカロン!?カラフル映え菓子
ネット広告を見て以来、ずっと気になっていた「ジャパニーズ・マカロン」なるお菓子をお取り寄せしてみました。 とにかく見栄えがカラフルでカワイイのね、これ。 え、この色、、、エビせんべい!? 大丈夫なのか?(笑) ちょっと怖いもの見たさで、ポチ...

宝塚歌劇団HP

Sponsored Link
タイトルとURLをコピーしました