MONOLOGUE
好きなこと、気になること、気ままにひとりごと
スカイステージ・その他

真風涼帆の歴史2007-1 宝塚バウホール『ハロー!ダンシング』

真風涼帆の歴史を振り返る第2回目。

今回は、バウホールで上演された少人数のワークショップ『ハロー!ダンシング』です。

ハロー!ダンシングについて

当時、様々なテーマで行われていたバウ・ワークショップですが、2007年のテーマはダンスでした。

各組共通の場面やそれぞれの組の個性を生かした場面、そして過去の舞台からダンスの名場面などの再現など、ダンスのみで構成されています。

各組の若手たちによる約75分間のノンストップ公演。

星組のワークショップ出演者は20名。

ちえちゃん(柚希礼音)主演の『Hallelujah GO! GO!』と分かれていて、そちらにうめちゃん(陽月華)、しみこちゃん(和涼華)、まりもちゃん(蒼乃夕妃)なんかが出てましたね。

そういえば、この『Hallelujah GO! GO!』に最下級生で出演し、しみこちゃんの妹役を演じていたのがはるこちゃん(音波みのり)でしたが、、、

ちえちゃんや、しみこちゃん達お兄様方は、はるこちゃんのことを「かわいい~~~~♡」と連呼し、デレデレだったのを思い出しました。(笑)

年を重ねてもあんなに可愛いままだったはるこちゃんですから、若かりし日のはるこちゃん、そりゃお兄様方にとっては天使♡でしょうなぁ。www

すぐに話が逸れてスミマセン。

ハロー!ダンシングには、結果的には路線に乗り切れなかったけど、主要メンバーとして活躍したメンバーが名を連ねていましたね。

86期の主席であるあかし(彩海早矢)、歌姫ころちゃん(音花ゆり)、ダンスマスターどいちゃん(鶴美舞夕)、個性派ともみん(夢乃聖夏)、芸達者しーらん(壱城あずさ)、4ヶ国語話せる国際派のダンサーまりやちゃん(稀鳥まりや)などなど。

そして、研1生の最下級として美春あやか、真風涼帆、瀬稀ゆりとの3人が出演していました。

Sponsored Link


研1生の真風涼帆

オープニング

前半はたぶん、いないと思います。

動きが速いし薄暗くて良くわからないのですが、人数からいって最下のゆりかちゃんは入ってない気がします。

後半、全員揃ったところでは、これも「たぶん」ですが上手の最後列がゆりかちゃんではないかと。

ラインになったところでは上手端にいました!

背が高いからすぐ見つかるかな~なんて思いましたが、意外とわからなかった。(苦笑)

クラシカルナンバー

全員が黒い衣装で踊るクラシカルナンバー。

これも薄暗いうえに、画像がHDじゃないもので、良くわからないのですが、、、

上手の最後列がゆりかちゃんっぽいかと。

ダンスがちょいとぎこちない感じだし。(笑)

だめだ、こっちゃん(礼真琴)の時のようなファン眼力が働かないぞ~~

でも、たぶんあってる。

そして、研1なのにすでに雰囲気までちゃんと「男役」っていうのがすごい。

背が高くて顔立ちが「ばえる」ゆりかちゃん、ステキ。

って、人違いだったらウケるが。(笑)

Sponsored Link


真風涼帆ですっ!

いくつかの場面のあと、1人ずつ名乗る場面があります。

同期の序列でいくと、美春あやか、真風涼帆、瀬稀ゆりとなので、名乗りも普通なら瀬稀ゆりと → 真風涼帆 → 美春あやかだと思いますが、このときは、娘役の美春あやかが先陣を切り、次に瀬稀ゆりと、そして真風涼帆の順。

赤いパンツに赤いシャツ、緑のサスペンダーに赤いソフト帽姿のゆりかちゃん。

ぎこちなさ満載であります。(笑)

でも、名乗りに出てくる直前の、ソフト帽を片手でとる仕草がちょっとカッコ良くて驚きました~。

研1さんの雰囲気ではないな。

でも、アップで映るとやっぱり研1さんですね~。

な~んというか、薄い。(笑)

「真風、涼帆です!!」

そして本人、ものすご~く頑張って大きな声を出して名乗っているのが伝わり、がんばれ!と応援したくなりますね。

ただ、やっぱり声質が残念です … ね。

真風涼帆ファンの皆さま、精いっぱい声を張って自分の名を名乗るフレッシュなゆりかちゃんを、機会があれば是非、ご覧あれ!!

黒燕尾

前半、数名で上手やら下手やらから出てきて舞台を横切っていきますが、その中にゆりかちゃんがいます。

軽く踊りながら通り過ぎていく姿は、普通にカッコイイ。

そして男役全員で踊るところ最後列で踊っていますが、やっぱり普通にカッコイイ。

なぜだ。。。

若かりし日のこっちゃんは、ガッツリ燕尾服に着られていたのに。(笑)

ゆりかちゃん、ほ~んと雰囲気がある人ですね。

黒燕尾を「着こなす」には男役10年、長い年月が必要だとは思いますが、こうして黒燕尾で踊る「雰囲気」だけでも魅せられるのは、生まれ持った才能でしょうね。

ま、才能と言うか、特質かな?

Sponsored Link


星組コーナー

コーナーの始まりはジーンズに白シャツ。

歌っているのは、このショーの中でここが唯一かな?

最初と最後の数名の歌手メンバーに入っていますね。

途中はダンサーとしても出てる気がします。(定かじゃない…)

ボトムスは全員がジーンズで、白いシャツと黒いシャツを場面ごとに着替えながら出てくるので、分かりにくいです。

歌っている場面は両方白シャツ。

後半の歌はころちゃんが中心になっていて、その後ろにいるのがゆりかちゃんじゃないかと。

人違いだったらスミマセン。(笑)

ファンの皆さんの眼力でお確かめあれ!

ボレロ

途中から全員の群舞になりますが、最後列の真ん中で踊ってるのがゆりかちゃんぽいのですが、暗くて良くわかりません。

でもってそれがゆりかちゃんだとしたら、途中から上手寄りの真ん中の列に移動してます。

よ~わかりません。。。

ターバンしてるし。(結局言い訳してみる … 笑)

フィナーレ

ころちゃんがフラッシュダンスの歌を歌い、それに続い出てくる最初の6人の中の後列上手端がゆりかちゃんですね。

で、続いて主題歌になって全員の群舞ではいろいろ動いていますが、上手の最後列で踊っています。

でご挨拶のときのV字になるところで中央に移動して、そのまま同期の瀬稀ゆりくんと一緒にご挨拶しに前方へ出てきます。

映るのは一瞬ですが、初々しくてカワイイですね~。

一列になったときは上手端、その後はまた最後列の上手端で踊っていますが、ちらりと映る姿がまた研1とは思えぬカッコ良さ。(笑)

もちろん「研1」という前提で見たうえで、なのですが、、、

全身白い衣装に身を包み、ソフト帽被ったその姿が普通にカッコいいってどうなの???(笑)

こっちゃんの下級生時代を振り返ると・・・いや、振り返るのはやめよう。www

とはいえ、そんなゆりかちゃんも、ちょいちょい頼りない動きは研1さん。

そんな姿が見えると、あ~ゆりかちゃんだわぁ~と妙に安心しちゃいます。

Sponsored Link


まとめ

研1とは思えぬ立ち姿のゆりかちゃん。

背が高いってそれだけでものすごいアドバンテージだし、ゆりかちゃんは雰囲気がすでに男役。

ここからスターの階段を一気に駆け上がっていく真風涼帆。

どう変化していくのが楽しみですね。

次回は、どの映像が手元にあるのか探してみてから・・・

かつては何百本も、放送された作品すべて保管!くらいの勢いだったのですが、一時期の断捨離でずいぶんすっきり整理しちゃったので「えっ?」って作品がなくなってる。(笑)

後悔先に立たず。