PR

【宝塚】95期スター軍団のいろいろを考えたら、面白い人事が見えてきた

Sponsored Link

先日スカイステージから発表された「95期8人の夢トーク」について、追加の情報が発表されました♡

柚香光さよなら特番としての放送がメインだとは思いますが、スカステニュース内でも放送するとされていた部分の第1弾の放送日が決定!

2月14日バレンタインデーに告知済みの95期コーナー第一弾を、2月22日(木)、23日(金)のタカラヅカニュースにて放送予定🎉 どうぞお楽しみに✨

第1弾の放送ということなので、この2日間は同内容での放送でしょうかね。

いたいぜんたい「第何弾」まであるのか、やたらと期待せずにはいられないのですが。(笑)

ところで収録はいつだったんだろう?と8人のスケジュールをチェック。

  • 花組(柚香光、輝月ゆうま)→ 2月9日(金)宝塚大劇場初日
  • 月組(月城かなと)→ 2月13日(火)宝塚大劇場集合日
  • 雪組(朝美絢)→ 2月11日(日)東京宝塚劇場千秋楽
  • 星組(礼真琴)→ 2月4日(日)宝塚大劇場千秋楽
  • 宙組(桜木みなと)→ 不明
  • 外部出演(水美舞斗、瀬央ゆりあ)→ 2月5日(月)、13日(火)休演日

全員が宝塚に集まれるとすれば、外部出演組の休演日である13日(火)ってことになりますね。

まさかこんな「大イベント」←(95期おたくはそう思っている)に、東西2元中継とかしませにょね?と信じたい。

8人ちゃんと対面で揃ってのトークですよね?と。

外部出演組の二人には日帰り出張で申し訳ないが、、、休演日に参加していると勝手に信じております。(笑)

休演日明けは夜公演だから、時間的な余裕はあるかと。

って、ぜんぜん違う日に収録済みだったりして。

東西2元中継結んでのトークなら、あり得るかも知れませんね。

Sponsored Link

去り行くトップスター、新しいトップスター

花組の柚香光、月組の月城かなと、相次いで卒業が発表され、いよいよ「95期時代の終わり」が始まりました。

ずっと前から楽しみにしていた110周年のイベントが予期せぬ事態でことごとく中止となり、華やかに95期のスターたちが競演する姿をみることは叶わず。

おそらく劇団としても95期のスター軍団をメインに、そして100周年の時の柚希礼音のように、110周年では礼真琴をその中心に置くことを計画してきたことでしょう。

ファンとしてもそれを期待していただけに、残念としか言いようがありません。

でも、これが現実。

このまま95期生たちの時代はジワジワと終焉の時を迎えていくわけで。

とりあえず、2024年のラインナップを見る限りでは、今年中に礼真琴の退団の可能性は限りなくゼロになりました。

でも95期スターのなかで次の退団者が「礼真琴」である可能性は、やはり限りなく高いのは間違いない。

2019年に95期の先陣を切ってトップスターに就任してから今年で早5年、恐らく2025年が退団の年になるのではないかなと覚悟しています。

次の作品がまさかの三谷作品『記憶にございません』ってのには、個人的に少々面喰い気味でしたが(笑)、2025年にどんな「大作!!」が回ってくるのかと、期待しております♡

去り行くスターがいれば、いよいよトップへの階段を上がるであろうスターもいます。

雪組トップ彩風咲奈の退団が既に発表されている中で、春に全国ツアー初主演を果たす朝美絢。

次期雪組のトップになることは確実でしょうね。

残留が決まっているトップ娘役の夢白あやとは美男美女コンビ!

そして気になるのは宙組の動向と、外部出演で「新たなカタチ」を魅せてくれている専科の2人。

Sponsored Link

宙組は再生できるのか?春乃さくらは月組へ?

宙組公演が止まってからまるっと5ヵ月近くが過ぎました。

他組の公演が次々と発表になる中で、宙組だけはいまだときが止まっています。

少しずつ宙組生が機関誌やスカステには登場するようになってきましたが、組長さんやトップスターの周辺はまだ色々と解決しなければならない問題が囁かれており、、、

宙組が再生できるのか、劇団はどこへ向かおうとしているのか、わからないまま。

次回の大劇場公演を実施するのであれば、1か月後には集合日を迎えることになります。

そもそもご遺族側との話し合いは解決に向かっているのか?

このままわだかまりなく公演をすることができるのか?

ファイナルファンタジーとの契約は先方の企業イメージ的に大丈夫なのか?

組の要であるトップスターの組内での「求心力」は保たれているのか?

素人目に見ても、いろいろハードルが高そう。

少なくとも、組長やトップスターへのイメージは週刊誌報道によって(偏見も含め)低下しているのは事実。

真実は当事者たちにしかわかりませんが、今の状況はけっして楽観できる状況ではないと個人的には思っています。

今月、来月、話合いは続けられるでしょうけれど、なんらかの解決の道は示されるのか、、、

それによっては、2番手スター桜木みなとの立ち位置にも変化が起こるかも。

ここまでトップスター芹香斗亜のイメージが低下する中で、仮にキキちゃん(芹香斗亜)が復帰したとしても、宙組が「今まで通り」とはいかないような気がします。

次回がサヨナラ公演としての舞台になることも可能性としてはあるのではないかと。

このまま舞台立たないまま、、、というのもあるのかな?

うーん、それはない気がします。

任期が短縮されるにしても、何らかの形で退団公演はするんじゃないですかね。

それが次回の大劇場になるのか、はたまた予定が変更されるのか。

Sponsored Link

ずんちゃん(桜木みなと)が95期TALKに参加するということは、宙組の再開へ向けたアプローチにも思える。

つまりは、ずんちゃんに影響なし。

今年中には、トップスター桜木みなとが誕生するのではないかと思っています。

相手役には、春乃さくらを続投するか、、、

なんなら雪組から夢白あやちゃんを出戻りさせて、管理職や中堅どころも組替え、宙組の再生を図るか。

雪組にははばまいちゃん(音彩唯)がいるので、あーさの相手役になればよろし。

とにかく宙組は窓を開け放って風を入れ替えないとね。

桜木みなと&夢白あや、コンビとして「お似合い」とはいかないかも知れないけど、宙組再生の「顔」にはなり得る気がします。

そうなると、もしかしてさくちゃん(春乃さくら)は月組に異動して、ちなっちゃん(鳳月杏)の相手役としてトップ娘役人生を全うする!?

うん、ありかも知れない。

月組の人事が発表されないのは、宙組人事が絡んでいるから!?

なんか勝手にそう思えてきました。

夢白あや → 宙組へ異動

春乃さくら → 月組へ異動

音彩唯 → 雪組トップ娘役へ

きれいに収まりそう。(← 勝手にそう思っている人 … 笑)

なので、桜木みなとは今年中に宙組トップに就任、相手役は夢白あやちゃんで2年くらい活躍したのち、2026年ごろに退団かな。

Sponsored Link

専科の新しいカタチとは?

神7のうち、残る専科の水美舞斗、瀬央ゆりあの進む道はいかに。

こればかりはわかりませんね~。

劇団が2番手羽根を背負わせたマイティ(水美舞斗)を花組から外した意味。

決して2番手羽根を背負わせることなくなおちゃん(瀬央ゆりあ)を星組から外した意味。

いまわかっているのは、外部出演している二人が「すごく注目されている」ってことだけ。

確実に宝塚の「男役」という存在のすごさを、ファン以外の人たちに印象付けていますよね。

この人気を劇団がどこへ繋げようとしているのか。

タカラジェンヌとしての「頂点」なのか、外部への「広告塔」なのか。

個人的には、今回の外部出演は正解だったと思うし、二人が一般の方々に認知されることは嬉しいです。

が、やはり「宝塚の舞台」でタカラジェンヌとしてセンターに立つ姿を見せて欲しいですねぇ。

ポストは限られた数しかないから、タイミングも必要かと思いますが、、、

1作でも2作でも、センターに立って大羽背負って卒業して欲しいな~という思いが消せません。

特にマイティは2番手羽根を背負って花組を支えた人ですし。

なおちゃんの星組での扱いは最後まで「トップ路線」ではなかったけれど、こういうルートがあってもいいんじゃない?

専科で活躍して人気うなぎ上り、劇団も放っておけなくなってトップにしちゃえっ!みたいな。(笑)

マイティもなおちゃんも、このまま専科に残る人とは思えないんだけど、、、どうなんだろう?

みっちゃん(北翔海莉)コース、あいちゃん(愛月ひかる)コース、かちゃ(凪七瑠海)コース、うーーーん、どうなんだろう?

マイティはみっちゃんコースっぽくないですか?

なおちゃんはもしやかちゃコース?

いや、なおちゃんは2年くらい専科で頑張って卒業しそうな気がする。

組にいるとスターさんの卒業のタイミングって色々想像つきやすいけど、専科になるとまったく想像つきませんね。

劇団とどんな契約を結んで専科異動を受け入れたんだろう?って。

Sponsored Link

いまのマイティ、なおちゃん、そしてかちゃの外部出演を見る限りでは、たしかにタカラジェンヌの「男役」の新しいカタチかも知れませんが、、、

なんだろう、、、「これじゃない」感も否めず。

こういう「カタチ」が続くのであれば、やっぱり歓迎ではないな、と言いますか。

水美舞斗、瀬央ゆりあ、次回の宝塚での主演作品が気になりますよね。

もしや、二人そろって宙組の復活にひとはだ脱ぐんじゃ?とちょっと思っていたりします。

それくらいの力添えがひつようなんじゃ?と。

スケジュール的にも、外部出演を終えて一息ついての集合だし。

ま、宙組公演が予定通りのスケジュールで行われるとすれば、ですが。

どうなるんでしょうかね。

なおちゃんに至っては昨年8月末の『1789』千秋楽以来、宝塚の舞台に立っていないので、とにかくとにかくカムバーック!!って気持ちなの。(笑)

そーいえば月組公演にはれいこちゃん以外の95期生が出演しないので、お花渡しは2人のどちらかかな。

いろいろ気になる95期だわ~。

Sponsored Link

まとめ

この先数年、どんどん95期が卒業していくことになると思います。

神7と呼ばれたスター軍団のラストは誰になるんだろう?

7人すべてが「大羽根」を背負って宝塚人生の幕を下ろしてくれることをまだ、夢見つつ、、、

あと数年、全力で95期推ししたいと思います♡

宝塚音楽学校の成績とスターの切符の関係性・70期~成績上位者リスト有
【宝塚音楽学校】すみれ募金「美人」と噂の御子柴凜々子さんは子役出身
【宝塚】2024年トップ&各組スター人事を考えてみたらこうなった
95期・夢のトーク実現!「神7」あらため「神8」スカステありがとう
110期生☆トップ娘役候補!?「田良結芽」さんの子役時代も超可愛い♡
【星組】暁千星『夜明けの光芒』配役予想とオススメの『ディケンジアン』
【星組】礼真琴の舞台を振り返るシリーズ① 第95期 音楽学校文化祭
ロベスピエールってどんな人? フランス革命 恐怖政治を指揮した革命家
95期のスターたちが宝塚を去った後の5組体制を考えてみたらこうなった
【雪組100周年】記念公演にレジェンド2人がいない違和感と寂しさ
【星組】礼真琴の舞台を振り返る・出演作品一覧 SINCE 2009
礼真琴の舞台を振り返るにあたり、これまでの出演作品の一覧表を作成しました。 手元になくて振り返ることができなかった作品もわずかにありますが、ほぼすべての公演を振り返っています。 礼真琴の舞台を振り返るシリーズは、第81回『モアー・ダンディズ...

宝塚歌劇団HP

Sponsored Link
タイトルとURLをコピーしました