PR

【星組】礼真琴、元気にお稽古場情報に登場 『RRR』が楽しみすぎる

Sponsored Link

宙組の時間が止まり、雪組の公演が再度中止になる中、ファンとしては心配することばかりですが・・・

星組は、宝塚歌劇110周年の幕開け公演『RRR × TAKA”R”AZUKA ~√Bheem~ / VIOLETOPIA』のお稽古真っただ中。

大劇場のチケットは当然ながら完売。(←1枚も買えなかった…💦)

東京公演の抽選も間もなく行われますが、もしや、1回も観劇できずにライブ配信に頼るしかなくなるのか・・・という恐怖を感じている sora さんです。(苦笑)

前回『1789』が奇跡のようなチケット入手率だったので、運を使い切っていないことを願います。。。

Sponsored Link

『RRR × TAKA”R”AZUKA ~√Bheem~』

久し振りにスカステに登場したこっちゃん。

なんだか雰囲気がちょっと変わった?

目元のお化粧が違うのかな?

なんとなく「大人」な、いまや、ベテラン感が漂うトップさんになりましたね。(笑)

なにはともあれ、こっちゃんの元気そうな「ナマ声」が聞けて安心しました。

この作品、そもそも苦手な映像描写が多くて、作品発表当初はなかなかちゃんと映画を見られなかったのですが、こっちゃんの休養期間に一念発起(そんなに!?笑)して予習しました。

【星組】礼真琴 インド映画に挑む『RRR』宝塚版の配役を予想してみた
2024年、宝塚歌劇110周年の幕開け公演『RRR × TAKA"R"AZUKA ~√Bheem~』 アール・アール・アール・バイ・タカラヅカ・ルート・ビーム 長すぎ。 みなさま、読み方覚えましたか?(笑) 世界中で大ヒットを続けているとい...

その甲斐あって、稽古場情報の会話がわかりやすかったです♡

ことありのナートゥが観た過ぎる!!!

登場シーンはゴーンド族の村長パッジュ(美希千種)の語りで始まるんですね!

ビーム(礼真琴)がどんな青年かという説明が入るのかな。

宝塚ではよく使われている手法なので、なんとなくイメージしやすい。

語りが終わるとこっちゃんがセンターからカッコよく登場するんよね、きっと。

Sponsored Link

ストーリーは原作に忠実であるということですが、原作と違う点はなこちゃん(舞空瞳)演じるジェニーと、きわみくん(極美慎)演じるジェイクが婚約関係にあるということ。

映画でもパーティの場面でかなり目立っている青年ですが、ここは宝塚らしく演出が入ったということでしょうか。

こっちゃん「またこれがねぇ…」と表情をしかめながら「なんでも持ってて、美しくて、スタイリッシュな男性」と。

いや~きわみくん、本当に適役ですよね。

そして、なこちゃんともお似合いの英国人カップル!ってのが想像できちゃうんですけど。

田舎村のビームくん、ガンバレッ!な感じ。(笑)

だけど、ナートゥで立ち向かうこっちゃんビーム、負けるわけなかろうが。www

しかも、互いの素性を知らないままに友情を育んできたラーマ(暁千星)も一緒ですからね。

もう、観る前からその迫力を妄想して、夢の中で魅了されています。(笑)

原作のオリジナルの振りを御織先生がアレンジした形になっているとのことですが、みきちぐ組長いわく、

「うわ、そのまま!!!」

その横でこっちゃん、体の向きをみきちぐ組長のほうにクルリと向け、焦った様子で笑いながらひと言。

「やめてくださいよ!ハードル上げないように・・・」

Sponsored Link

みきちぐ組長による「こっちゃんのダンス物まね」がまた、面白すぎました。(笑)

隣りでこっちゃんも爆笑。

みきちぐ組長いわく、「インドの血が流れている」というこっちゃんのナートゥ。

いやーこっちゃん、これは期待しちゃうなぁ。(笑)

ナマで見られますように・・・!!!

この振り付けの後、踊り終えて長椅子に座っていたこっちゃんとありちゃんが「同じ顔」していると、ぴーちゃん(天華えま)に指摘されたらしい。

その話を聞いて、今度はみきちぐ組長が大爆笑。

いいなぁ、こういう雰囲気。

みんながこうして笑っていられる宝塚であってほしいですね。

星組としては、こっちゃんの復帰、そしてなおちゃん(瀬央ゆりあ)がいない初めての公演ですが、楽しそうで何より♡

振り付け付けたばかりにも拘らず、こっちゃんとありちゃんの息がピッタリだったとみきちぐ組長が驚いていましたが、さすがのダンサーズですね。

期待値Max!!

Sponsored Link

友情を育むシーンが楽しみ

映画を観た時に、ビームとラーマが友情を育んでいく過程を、あえてほとんどセリフもなく、思い出映像のように歌にのせて進んで行く演出がされていて、この場面がとっても素敵だったんです。

以前のブログ(【星組】礼真琴 インド映画に挑む『RRR』宝塚版の配役を予想してみた – )にも少し書きましたが、そのバックに流れている歌詞がねぇ、、、また感動するんですよ。

ほーんと素敵な歌詞で。

日本語の歌詞がどのように翻訳されて舞台に乗っかるのか楽しみですねぇ💕

宝塚版ではみきちぐ組長率いるシンガーたちがストーリーテラーとなって歌うとのことなので、その歌に乗ってこっちゃんビームとありちゃんラーマが楽し気に友情を育んでいく姿がどう表現されるのかも、とっても楽しみです。

Sponsored Link

Water and Fire の活躍に期待

映画にはない演出として、Water and Fire が随所で登場するのだとか。

ビームが水、ラーマが火。

それぞれの登場する場面ごとに、Water、Fire、というダンサーたちが様々なダンスで場面を表現するそうなので、それも見どころですね。

配役表を見ると、それぞれ男女ひとりずつになっていますが、その他の下級生も何人かは加わるのかな?

舞台ならではの演出、楽しみです。

『VIOLETOPIA』

ショーは何やら不思議な雰囲気。

作品の紹介にも「時代や国を超え、劇場の光と闇を描く」とありますが、劇場が舞台になっているのが興味深いですね。

廃墟の中に現れる青年、そこから展開されていく華やかなレビュー、、、けっこう好物かも。(笑)

礼真琴「蛇」になる

サーカスの場面でのこっちゃんの役は「へび」!?

登場するのは白くて美しい鳥と、妖しくしなやかな蛇。

じゃぁ、もちろん「白くて美しい鳥」はなこちゃんよね?と思ったら、なこちゃんは彼らに翻弄される村人のひとり。

そう、なこちゃんは人間でした。(笑)

蛇ちゃんたちを息苦しさから解放してあげようとするカワイ子ちゃん(とは言っていなかったが…笑)だそうで。

そんな蛇ちゃんとカワイ子ちゃん(何度も言いますが、そうとは言っていない…www)の関係を許さない、意地悪なでも男前な(これも言っていないが…笑)サーカス団の座長がきわみくん。

じゃぁ、「白くて美しい鳥」は誰?

まぁ順当にうたちゃん(詩ちづる)なのかしらね?

Sponsored Link

客席降りで「客席をかき乱す」ですと!?

中詰めは貴族の宮廷を舞台にした、美しきかな、な場面なようで。

そして、ここで客席降りがあると!

優雅な貴族の宮廷・・・のイメージからは「客席降り」のイメージがわかないのですが、こっちゃん曰く「貴族の宮殿を舞台にして、みんな盛り上がっちゃおうっ!!」という場面らしいです。

この客席降りは単なる客席降りではなく、「客席をかき乱していくような」客席降りとな。

そう自分で言いながら「かき乱す・・・(笑)」と吹き出すこっちゃんでしたが、「皆さま覚悟しておいてほしい場面になっております」と。

え、覚悟!?

通路側に座ると、通りがかった生徒さんに髪の毛ぐしゃぐしゃにされるとか!?(笑)

なわけないか。(笑)

なんか妄想しちゃう。www

楽しみ、楽しみ。

いろいろワクワクだらけ

新しい初めましての振付家の場面では、なこちゃんのパンツ姿で始まるらしい。

そして、ちょいと不思議な雰囲気のシーンみたいです。

でもってフィナーレナンバーの大階段は近未来的な雰囲気?

「衝撃のビジュアルで登場する」ってこっちゃんが話していましたが、、、

え、どんなビジュアル?

近未来ってことは、、、髪の毛逆立てたロック風とか?(笑)

ワクワクしますね~♡

Sponsored Link

まとめ

新人公演の配役も発表され、105期生、6人目の新公主演者誕生ですね。

星組の105期には真の御曹司がいますので、目立ち過ぎないように分散しているのかな~なんて邪推してしまいますが、、、

多くの下級生に経験を積む機会があるというのは、良いことだと思います。

娘役も分散してヒロインが割り振られているので、ファンとしては「誰が本命?」っていう井戸端会議の意見も分散してきて面白いです。(笑)

星組公演、無事に幕が開くことを願いつつ、、、

まもなく雪組公演の再開についての情報が発表されるかな、と気になっている日曜の昼下がりです。

サヨナラ特集とか大義名分は不要【95期スペシャルトーク】で番組成立
95期スペシャルトークって結局「第1弾」と「サヨナラ特番」だけなのね
110期生☆トップ娘役候補!?「田良結芽」さんの子役時代も超可愛い♡
95期トークいよいよ明日放送!第一弾!柚香光さん、足、閉じて。(笑)
【宝塚】2024年後半は各組の体制がこうなるんじゃない?ってはなし
【宝塚】2024年トップ&各組スター人事を考えてみたらこうなった
宝塚音楽学校の成績とスターの切符の関係性・70期~成績上位者リスト有
95期のスターたちが宝塚を去った後の5組体制を考えてみたらこうなった
宝塚歌劇団、そして「加害者」とされるタカラジェンヌたちのこれから
【宝塚】星組出身の真風涼帆が宙組に「いじめ文化」を根づかせたと!?
【星組】礼真琴の舞台を振り返る・出演作品一覧 SINCE 2009
礼真琴の舞台を振り返るにあたり、これまでの出演作品の一覧表を作成しました。 手元になくて振り返ることができなかった作品もわずかにありますが、ほぼすべての公演を振り返っています。 礼真琴の舞台を振り返るシリーズは、第81回『モアー・ダンディズ...
【おすすめギフト】チーズとエビせんの和風マカロン!?カラフル映え菓子
ネット広告を見て以来、ずっと気になっていた「ジャパニーズ・マカロン」なるお菓子をお取り寄せしてみました。 とにかく見栄えがカラフルでカワイイのね、これ。 え、この色、、、エビせんべい!? 大丈夫なのか?(笑) ちょっと怖いもの見たさで、ポチ...

宝塚歌劇団HP

Sponsored Link
タイトルとURLをコピーしました